鼻整形で理想の顔パーツを手に入れる|明るくイメージチェンジ

女の人

見た目の印象が変わる

鼻を触る人

重要なパーツ

整形する部位で多いのが、一番が目元で二番が鼻だと言われています。目は顔の中でも一番印象的な部位になるので鼻はあまり重要視されないこともあるのですが、美を決めるには鼻も重要なパーツになっています。日本人は団子鼻が多く、顔の印象がぼやけてしまいがちです。そこで、鼻筋を通したり鼻を高くすることで顔つきがシャープになりメリハリのある印象になります。つまり美人度が増すことになります。美人であることの条件に目元の華やかさもありますが、鼻の形の良さやスッキリと整っていることがあげられます。美人顔になるためには鼻の美しさも欠かせません。鼻整形には鼻全体を高くする方法と、小鼻を小さくしたり鼻先だけを高くするなど部分的に調整する方法があります。鼻全体を高くする方法にはプロテーゼというシリコンを入れて高くするか、プチ整形としてヒアルロン酸を注入してより自然に、期間限定で高くする方法があります。部分的に手を加える場合は、骨を削ったり耳の皮膚を一部移植するなどの方法が取られています。鼻は顔の真ん中に位置し、一番目立つ部位でもあるのでとにかく鼻整形をしたことが周りにあまり知られないようにしてもらうことが大切なのです。

失敗を防ぐ方法

鼻整形は失敗するとかなり目立つ部位なので失敗だけは避けたいものですが、それでも失敗するケースはあります。例えばシリコンを入れて高くした場合は鼻の皮膚が薄くなるとシリコンが透けて見えたり、外に飛び出してしまうこともあります。位置がずれると鼻穴が上向きになってしまい、豚鼻のようになってしまうこともあります。また、ヒアルロン酸では鼻筋が太くなってしまうなどの副作用があります。失敗が引き起こされる原因としては、事前の説明が不足していることが考えられます。カウンセリングの時間が短く、鼻整形のデザインに関する話し合いがうまくなされていないことや、説明不足、話の行き違いなどがあります。海外の整形外科で施術を受ける場合も、説明が不十分だったり自分の意思がうまく伝わっていないこともあるのでトラブルの原因になりやすいです。なるべくトラブルを避けて成功するようにする為には、クリニックに行く前に自分でもある程度の知識を身に付けて勉強することも大切です。それぞれ自分の憧れの顔や理想の鼻の形はありますが、他人の顔になろうとせずに自分にとって一番美しくなれる鼻を考えてデザインしてもらうべきです。そうすることで術後も気に入った鼻が維持できるようになります。

Copyright© 2016 鼻整形で理想の顔パーツを手に入れる|明るくイメージチェンジAll Rights Reserved.